レックスアドバイザーズが贈る次世代を担う実力派会計人 —同業者も認めたプロフェッショナル—

次世代を担う実力派会計人 -NEXT ACCOUNTANTS-

KaikeiZine 租税調査研究会
blank

公認会計士、税理士等約470人を有する
日本最大級のタックスアドバイザー

PwC税理士法人(名古屋事務所)

アシスタント マネージャー 税理士 棚橋 佑篤

2005年 関西大学社会学部卒業
2007年 税理士試験合格
2007年 日本中央税理士法人入所
2009年 税理士法人プライスウォーターハウスクーパース(現PwC税理士法人)入所

事務所名 PwC税理士法人(名古屋事務所)
代表社員 公認会計士/税理士 宮川和也
設立 1999年
所在地 (名古屋事務所)〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4番10号 名古屋クロスコートタワー12階
(東京本社)〒100-6015  東京都千代田区霞が関3丁目2番5号 霞が関ビル15階
ビジョン

グローバルネットワークを生かし、付加価値の高いサービスを提供する

企業URL http://www.pwc.com/jp/tax
  • blank
    スキルアップしていく仕事を楽しむ
  • blank
    看板を背負って立つ若手の一人

ワンストップで幅広い相談に対応できる税務プロフェッショナルでありたい

—ご自身の専門分野および強みを教えてください。

法人に対する一般国内税務および国際税務のコンサルティングを専門としています。具体的な業務としては、法人税の申告書作成業務、組織再編や海外投資時の税務取扱いの整理およびストラクチャー検討、海外税制のリサーチ、出向者に係る税務アドバイスなど業務は多岐にわたります。また、名古屋事務所はスタッフレベルではサービスラインの区分は明確にされておらず、法人税のサービスラインに所属していても移転価格コンサルティングに関与する機会が多くあります。

—ご自身にとっての中・長期の業務ビジョンを教えてください。

ワンストップで幅広いご相談に対応できるように、今後も法人税サービスを基本としつつ、移転価格税制の経験もしていきたいと考えています。また、近年の税制改正は財源確保のための課税強化をする反面、タックスヘイブン対策税制など一部では規制緩和される部分もあるため、これら新しい論点をうまく利用してクライアントのグローバルな税コストを抑えるサービスをしていきたいと考えます。

—どのような人材と一緒に仕事をしたい(採用したい)とお考えですか?

プロフェッショナルとしての論理的思考力と、社会常識の一般感覚を持った方と仕事をしたいと考えます。
税務のプロフェッショナルとして日々のさまざまなご相談に対応して感じることは、ロジックを組み立てる能力の有無によって仕事の質やスピートが格段に異なることです。それと合わせて、我々のクライアントは一般社会で事業を行っているため、専門知識だけでなく、一般的な常識感覚がなければ、取引の背景が理解できず、論理構築の手前の部分で間違った方向に進むこともあります。
したがって、両方をバランスよく持ち合わせた方がどんな場面でも活躍できる人材になると考えます。

—入社後のキャリア構築について教えてください。

上述の通り、名古屋事務所では入所時点では一般法人税と移転価格のサービスラインの区分はあまり明確にされておらず、可能な限り広範囲な業務に関与することができます。その中で自分の得意分野にできるものを探して4年目以降くらいから、そこを伸ばしていくというキャリア構築が採られています。今般の社会ニーズとしては移転価格業務が多いため、入所時点から移転価格専属スタッフというキャリア構築も可能であり、要望に応じてフレキシブルな対応が可能な事務所だと思います。

ページ先頭へ