レックスアドバイザーズが贈る次世代を担う実力派会計人 —同業者も認めたプロフェッショナル—

次世代を担う実力派会計人 -NEXT ACCOUNTANTS-

KaikeiZine 租税調査研究会
blank

中国・アジアに進出する企業を成功に導く事をミッションとしております!

マイツグループ

シニアマネージャー 税理士 山元 博文

1970年 大阪府生まれ
1993年 大阪会計専門学校卒業
2003年 税理士試験合格
2003年 税理士法人マイツ入社
現在に至る

事務所名 マイツグループ
代表取締役 マイツグループCEO 公認会計士・税理士 池田 博義
設立 1987年
所在地 〒600-8411 京都府京都市下京区烏丸通り四条下ル水銀屋町620 COCON烏丸8階
支店・営業所 日本国内/東京、大阪、名古屋
中国オフィス/上海(浦東・浦西)、蘇州、広州、大連、瀋陽、香港、天津、成都
ビジョン

熱意・誠意・創意を持って行動し、お客様の真の成功のために共に歩みます。

企業URL http://www.myts.co.jp
  • blank
    上海事務所でのお客様を迎える受付
  • blank
    上海事務所の社内風景

中国進出20年のノウハウを活かしたコンサルティング

—専門分野及び強みを教えてください。

一番の強みは、中国を中心としたアジア圏の進出から、現地での会計、税務などのバックヤード業務をワンストップでサポートしているところです。上海2カ所、蘇州、広州、大連、瀋陽、香港、北京、天津、成都に拠点があり、その他日本企業が海外進出するアジア地域をほぼカバーしています。
最近のお客さまからのニーズは、海外進出に際してのビジネスのリスク診断及びそのリスク対応が多くなっています。以前は、比較的大きな企業が、中国に作る工場建設、運営に関するリスク診断・対応でした。つまり、バックヤード的な部分の仕事です。しかしここ数年、中堅・中小企業の進出で、中国で製造・販売していくに当たっての市場・商品分析などのリスク診断及び対応、また分析に基づいた事業計画作成サポートなどが求められています。いわば、中国進出のフロント部分のニーズです。

—中・長期の経営(業務でも可)ビジョンを教えて下さい。

日中の企業間のM&A、ビジネスマッチングを伸ばしてきたいと考えています。これまでも、事業承継や業務拡大という観点からニーズのあった分野ですが、ビジネスに結び付けるのが難しく、ほとんど手が付けられてきませんでした。弊社も数年試行錯誤し、今年から本格的に取り組んでいきます。中国企業のニーズを汲み取り、さまざまな情報を整理して、日本のM&A仲介会社や中小企業と情報交換しながら、マッチングさせていく、これがこの事業スキームです。

—どのような人材を採用したいとお考えですか?

弊社の経営理念は顧客志向。お客様目線で仕事をできる方を採用したいと思っています。つまり、コミュニケーション能力がある方。単に話し上手というのではなく、お客様が何を求めているのか、聞き出す能力の高い人です。もちろん、税務・会計知識は不可欠ですが、同等レベル、若しくはそれ以上にコミュニケーション能力を重視します。採用面接では、その点は良く見るようにしており、たとえば、単に明確に質問に答えるだけでなく、流れの中で面接者に対して質問をしてくるようなところを見ています。
それと、プラスアルファの要件として、海外での業務経験のある方、若しくは海外志向の強い方を積極採用したいと考えています。
税理士と公認会計士の採用に関しては、とくに資格者の壁は設けていませんが、結果的にここ1〜2年は公認会計士資格者の方が多く採用しています。

—入社後のキャリア構築について。

業務レベルに応じた企業を担当していただき、税務知識をはじめ事業承継、海外業務に関するノウハウを学んでいただくことがキャリア構築の基本になります。それと、年に1回、中国事務所に行ってもらい、現場の雰囲気を体感してもらいます。逆に、中国からも日本に来ますので、こうした場を通じて相互のコミュニケーション及び資質向上の機会にしてもらってます。
研修としては月1回社内で行っており、講師はスタッフが順番に担当します。講師にとっても勉強です。外部研修については、参加したいものに行ってもらいます。

ページ先頭へ