レックスアドバイザーズが贈る次世代を担う実力派会計人 —同業者も認めたプロフェッショナル—

次世代を担う実力派会計人 -NEXT ACCOUNTANTS-

KaikeiZine 租税調査研究会
blank

グローバルに高品質な税務関連サービスを提供する
国内最大級の税理士法人

新日本アーンスト アンド ヤング税理士法人

統括代表社員 税理士 網野 健司

大学卒業後、税理士法人や外資系金融機関を経て
96年にアーンスト・アンド・ヤングに入所。
NY勤務後、統括代表社員に就任

事務所名 新日本アーンスト アンド ヤング税理士法人
設立 2002年
所在地 東京都千代田区霞が関3丁目2番5号霞が関ビルディング32階
支店・営業所 大阪事務所、名古屋事務所、沖縄事務所
ビジョン

クライアントの期待以上の質の高いサービスを提供し、日本におけるマーケットリーダーを目指しております

企業URL http://www.eytax.jp/
  • blank
    Diversityを重視
  • blank
    高品質なサービスを提供

Achieving Potential  〜今日から世界が活躍の舞台に!〜

—経営理念や社風を教えてください。

世界144カ国で展開するアーンスト・アンド・ヤングの日本におけるメンバーファームとして、国内外の企業・個人に対し国際的なネットワークを駆使した高品質の税務関連サービスを提供することをミッションとしています。「顧客第一主義」、「人材育成」、「品質管理」、「効率的な業務」の4項目を基本方針にあげ、税務のプロフェッショナルファームとして洗練した組織を目指しております。
社風は、一言で表すと、国際色豊かな組織です。従業員のうち、約1割が欧米やアジアなどからの外国人で、普段の会話は日本語でも、社内のプレゼンテーションは英語が基本です。入社当時は語学力があまり無い方でも、社内の英語研修等も充実しており、実務と研修によりグロバールに活躍する人材を育成していきます。

—組織の全体像を教えてください。

大きく分けて、法人関連の「企業税務コンプライアンス・企業税務アドバイザリー」、「国際税務」、「駐在員税務アドバイザリー(個人の申告)」、「関税・国際貿易アドバイザリー」の4つのサービスライン(部門)があります。中核となる「ビジネスタックスサービス」部門では、「企業税務コンプライアンス」以外にも金融関連企業対象の「ファイナンシャルサービス」、オーナー企業向けの「事業承継」、公益・医療法人向けの「公益アドバイザリー」など各専門分野に分かれて税務サービスを提供しています。また、「国際税務」部門においては、M&Aや企業再編に関連する「トランザクションタックス」、「移転価格」についても、税理士・会計士だけでなく、エコノミストも擁し、複雑化するクロスボーダー取引に対応しています。

—どのような人材を採用したいとお考えですか?

変動するグローバルなビジネス環境に対応し、国際感覚を持って広い視野で物事を捉え、柔軟に事態に対応できる人材を望みたいです。さらには、顧客を第一に考えられる人、積極性や自発性に溢れる人を求めています。人材採用のポイントはいろいろありますが、税務の専門家であるとともにコンサルタントとしての資質を併せ持った人材であれば、理想的な人材だと考えています。税理士資格や高度な税務知識を持っていることは一つの要件には違いありませんが、それがすべてではありません。クライアントへの対応やチームメンバーと働くためのコミュニケーション能力なども重要な要素です。ご応募いただく皆さまには、是非こういった視点も意識して挑戦して欲しいと思います。

—入社後のキャリア構築について教えてください。

職員はジュニア、シニア、マネージャー/シニアマネージャーと各職階に区分されています。ビジネスタックスサービスにおいてはジュニアを3〜4年、シニアを4〜5年経験してマネージャーになるのが一般的となっています。

ページ先頭へ